メーカーのトナーと比べコストがどれだけ違うか

コスト削減のためにレーザープリンターを使っている方もいると思いますが、トナーがなくなれば交換をする事になります。如何に安くするか考えないといけませんが、メーカーの純正品とそれ以外の非純正品もあるので、どれぐらい違うのか気になるところではないでしょうか。非純正品でも汎用品やリサイクル品があるのですが、汎用品の場合は作っているところにもよりますが2~3割程度ぐらい、そしてリサイクルヒントもなれば5~8割程度純正品より安く提供されている事があります。それぞれメリットやデメリットが違ってくるので、どれを使うのがいいのかは印刷品質とコストのバランスになってきます。印刷サンプルなどを見たり、実際に一度使ってみてから使うものを絞っていくのも良いでしょう。

メーカーが作っている純正品の特徴

純正品のトナーは、印刷品質が一定で出来上がりも安定しています。また、何らかのトラブルが発生した折には保証も付いているので、そちらの面でも安心して利用ができるのも良い点です。その分だけ、コストとしては高くなるのですが、万が一の事を考えると安心して使える方が良いと思う方もいるでしょう。それ以外にも、メーカー純正でのリサイクル品もありますので、同じリサイクルでももう少し安心感があった方が良いと思うならそちらを使ってみて下さい。印刷した時の出来上がりを重視する場合にはやはり純正品の方が綺麗ですから、その点を考慮した上で選ぶとよいでしょう。日常的に印刷をする機会があるとコストはかかってくるのですが、印刷するからには綺麗に仕上げたいなら選択肢に入れておきましょう。

非純正品にもいろんな種類があります

純正品以外だと、汎用品とリサイクル品のトナーがあります。汎用品と言われるとどんなものなのか分かりにくいのですが、プリンタメーカーが作っていて汎用性を持たせたもので、ブランド名などはついていないものの、品質としては安定しているだけでなく、純正品より価格は安いので気軽に使える利点があります。ただし、リサイクル品よりは汎用品は値段が高いです。そしてリサイクル品については、安いものはかなり安いですから、印刷品質にはこだわらずいろんなプリントをする機会があるならそちらに使うと効果的です。また、部材を再利用しているので環境にも優しいという点も見逃せない部分でしょう。利用時の際のトラブルは昔より少なくなりましたが、ないわけではないので安い分幾つか置いておくとより安心できます。

万年筆のインクをお探しの方のために、こだわりの万年筆用インクボトルをご用意いたしました。いろいろなカラーを取り揃えて最大30%OFFとお得 21時までのご注文の品即日発送!激安インクカートリッジ、トナーから文具や時計といった雑貨まで!ウェブ販売サイトこまもの本舗 宅配代引きO(宅配便限り)15時までのご注文なら即日発送! 5000円以上購入のお客様は送料が無料!コンビニで後払いOK! トナーが【格安】このお値段!